top of page

龍鬼太鼓さんのご紹介

更新日:1月4日

TODAミュージックパークに出演されるみなさんをご紹介させていただきます(^^)/


第6弾は…

和太鼓演舞「龍鬼太鼓」

さんです♪♪

「龍鬼太鼓」さんは、和太鼓演舞(和太鼓を舞いながら演奏する)の団体で、お子さんたちを中心に下は小学生から上は50代まで、幅広い年齢層で活動されています。
戸田市夏の風物詩♪各町内会の盆踊り大会、市や町会のイベント、老人ホームなどで演舞されているそうです。
迫力満点の和太鼓のリズムと音、魂を揺さぶる力強さに感動しました!
みなさん、勇壮でかっこいい!!
和太鼓の音は良く響くので、近隣の方々への配慮から、太鼓に、ゴムや布をかぶせ音をミュート(消音)して練習しているそうです。
本番、ゴムや布を取って叩かれる和太鼓の生音は、どのような響きになるのか…その迫力を想像しただけで、ときめきます♪♪
バチで、和太鼓をたたきながら、腕をのばし、足を動かし、舞う姿は圧巻! みんなそろって表現される躍動的な舞いの美しさにうっとりしました。

龍鬼太鼓さんで使われている楽器の紹介をさせていただきます♪
↓前列のみなさんが叩いている「中太鼓」 和太鼓アンサンブルの中で主力となる太鼓です。

↓後列の男性が叩いているのは「大太鼓」
他の太鼓より低い音で、ベースとなる大粒のリズムを刻むことが多い楽器だそうですが、ここぞというときには、迫力のあるソロ演奏で聞く人を惹きつけます♪

↓後列の女性が叩いているのは「締太鼓」 テンテンという強く高い音が特色で、地打ちやセット太鼓で活躍します。

休憩時間の少年たちに「龍鬼太鼓」の魅力を質問させていただきました。
「とにかく太鼓、かっこいい!」「上手くなりたい」「出来なかったことが、できるようになったらうれしい!」などなど、本当に太鼓が大好きで楽しんでいることが伝わってきました。学年や年齢差を超えて、同じ趣味、同じ目標を持つ仲間として認め合えている感じ素敵だなと思いました♪
キリリと集中した表情で太鼓をたたいていた時は、かっこよくて大人びてみえましたが、休み時間は、とっても元気、笑顔いっぱいのかわいい少年たち。高校生のお兄さんは、小学生から続けているそうで、とっても面倒見の良い頼れる存在。

大学生のお姉さんも小学生の時から続けているそうです。
「長く続けてこれたのは、なぜですか?」と質問したら、「陰で支えてくれる人たちがいるからです。本当に感謝しています!」との答えが!!さらりと語られたその言葉に、とっても感動しました。

演奏している人たちを陰で支えてくれる人たちがいて、そういう人たちにちゃんと感謝の気持ちを持っている、わかっていそうでなかなか難しいことだと思います。

代表の方が「モットーは、練習・本番を通しての思い出作りと 挨拶ができる子供たちにと 願っております。」とおっしゃっていましたが、龍鬼太鼓さんの活動を通じて、しっかりとお子さんたちの中に大切なことが根付いている気がしました。

月2回の練習(毎月第2、第4日曜日18:00より)を、喜沢中学校にて行っておりますので 興味のある方は、是非見学に来てください!」と、メッセージをいただきました。

※代表の方と先生、写真がピンボケしていました。申し訳ありません。


龍鬼太鼓さんの練習の様子を撮影させていただきましたので、ご紹介します。 迫力の和太鼓の音とリズム、カッコイイ演舞をお楽しみください♪



映像だけでは、生の迫力が伝わりきれないかも…
龍鬼太鼓さんの本番での演奏をお聴きになりたい方は
ぜひTODAミュージックパークにご来場ください!
詳細は↓公式ホームページへ
https://www.todamusicpark.com/
閲覧数:108回

最新記事

すべて表示
bottom of page